2022年の干支「壬寅(みずのえとら)」どんな年?特徴や運勢は?

子(ね)、丑(うし)、寅(とら)…から始まるおなじみの十二支(じゅうにし)――干支(えと)。

2022年はご存じのとおり「寅年」ですが、正確には2022年は「壬寅(みずのえとら)」の年となります。

実は古くからその年の意味と運勢は、十干(じっかん)と呼ばれる10個の干支の一種を組み合わせた60通りの干支で表されてきました。つまり2022年がどんな年になるかは、「寅」ではなく「壬寅」でみるとより正確に把握することができます。

そこでこの記事では「壬寅」はどんな年なのか、また寅年生まれの人の特徴や相性の良い干支、さらに最強の運勢と名高い「五黄(ごおう)の寅」について詳しくご紹介していきます。

無料で2022年の運勢を占う

2022年は寅年じゃないの?「壬寅」って何?

2022年は一般的には「寅年」と言われていますが、前述したとおり正確には「壬寅(みずのえとら)」の年となります。

実は、干支というのはおなじみの子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)という十二支のみを指しているのではなく、

さらに

甲(こう:きのえ)
乙(おつ・きのと)
丙(へい・ひのえ)
丁(てい・ひのと)
戊(ぼ・つちのえ)
己(き・つちのと)
庚(こう・かのえ)
辛(しん・かのと)
壬(じん・みずのえ)
癸(き・みずのと)の10個の言葉で表す十干(じっかん※もともとは1~10までの数を数えるためのもの)組み合わせたものを干支といいます。

よって本来の干支に当てはめると2022年は「壬寅」となります。

「壬寅」の「壬」は、子を宿す「妊」の字の一部であることから“生まれる”という意味を持ち、「寅」は同じ読みの「延」から“延びる=成長する”という意味を持つとされています。

ゆえにこの2つが合わさった「壬寅」は基本的に『新しいものが飛躍的に成長する年』とされ、縁起のいい年だと考えられています。

2022年、「壬寅(みずのえとら)」とはどんな年?

2022年の壬寅は『新しく生まれたものが大きく成長する年』になると説明しました。

過去の壬寅の年も「成長」や「始まり」の年とされ、壬寅の1986年には日本で初めて男女雇用機会均等法が施行され、現在の女性の社会進出の基盤が生まれました。

他にも壬寅の1998年にはサッカーのワールドカップに日本が初出場し、また2010年には小惑星探査機はやぶさが帰還し目標を達成、さらに円高によりゼロ金利が復活しました。

このように壬寅の年には歴史に残る快挙が起こっています。
ほかにも壬寅は四柱推命でみると「壬」は陽の水を表し、浄化する力があるとされています。

その日に起こった嫌なことはすぐに流すようにすると「壬」の開運力をさらに高められるでしょう。

そして「寅」は春の木を表し、厳しい冬を超え元気になり外へ向かっていくという意味があります。

積極的に外に出て行動することで開運を呼び込むことができるでしょう。

無料で占ってみる

寅年生まれの人の性格

「物事が大きく成長する」という意味を持つ寅年。

この年に生まれた人にみられる基本的性格には、以下のような特徴があります。

前向きで社交的…ムードメーカーで人を巻き込む力がある。リーダーにも向いている。

負けず嫌いで強情…目標を達成するまで諦めない粘り強さがある。ライバルがいると伸びるタイプ。

ロマンチスト…情熱的で、夢を夢のままにせず叶えようとする熱意がある。

好奇心旺盛…初めて見るもの、体験することに臆せず、自ら手を伸ばす積極性がある。

職人気質…こだわりがあり最後までやりぬく力がある。

集団より個人で動きたい…プロフェッショナルを目指す適性がある。しかし1人で悩むところがある。

今すぐ占う

2022年は36年に一度の「五黄(ごおう)の寅」

また、2022年は九星気学(きゅうせいきがく)に照らし合わせると、「五黄土星(ごおうどせい)」にあたる年になります。

五黄土星は影響力をもたらす力強い星とされています。

そして「五黄土星」と十二支の「寅年」が重なると、「五黄(ごおう)の寅」という年になります。

「五黄の寅」は九星気学と十二支の組み合わせの中で最も強い運勢を持つと言われている、注目すべき年です。

注目すべき点は運勢の強さだけではありません。

十二支は12年、九星気学は9年で一巡するため、2022年の「五黄の寅」はなんと36年ぶりに巡ってきた、とても貴重な1年になります。

またこの年に生まれた子は強い運気をもつとも言われています。

寅年生まれと相性のいい干支

自分と相性の良い干支の人がそばにいると、より運気がアップしたり物事がうまくいったりすると言われています。

「寅年」と相性の良い干支「午年(馬)」「戌年(犬)」です。

寅年と午年はどちらも行動力がある干支ですので、相性の良さは折り紙つき

午年の人は活発で自由なところがあり、それが好奇心旺盛な寅年の人によい刺激と影響を与えるようです。

寅年と戌年はものごとの捉え方や考え方が似ていると言われています。

お互いを認め協力すれば最高のパートナーとなり、大きな結果を生みだせるでしょう。

また正義感が強くリーダー気質な寅年が引っ張っていくことで、本音を隠しがちな戌年をうまくサポートしてくれるでしょう。


本音/欲望【あの人の想いを余さず知る】秘める恋心/募る願望/決断

【本当の“あの人”を徹底的に知る恋鑑定】好きな人のすべてを知りたいのは当然です。隠している本音や欲望、切ない気持ち……「あの人の本心」をすべて明らかにしていきます。あの人の心を受け止めてくださいね。

【鑑定項目の一部をご紹介!】
・あの人が恋愛において、何より大事にしていること
・今、あなたの他にあの人を狙うライバルはいる?
・あの人が隠している「恋の願望」「異性への欲望」
・あの人は、あなたと何を一緒にしたいと考えている?
・あの人が密かにあなたに期待している言動
・正直に言います。あの人は今、あなたと「付き合いたい」か否か
・あなたと一緒にいる時に、あの人の心に湧き上がる「願望」「欲望」


【TVでも活躍!】2022年の運勢を占うなら村野弘味さんの占いがオススメ

2022年の壬寅の年の運勢に興味がある方にぜひおすすめしたいのが、今回壬寅の年の運勢を四柱推命で鑑定した実力派占い師・村野弘味さん結果が出る占いです。

村野弘味さんはあの人気占いバラエティー番組『突然ですが占ってもいいですか?』に度々出演され、大物芸能人の私生活や転機を次々と的中させスタジオを騒然とさせてきた、今注目の占い師です。

テレビ出演後からネットで話題となり、一気に数か月先まで予約が埋まるなど驚異の社会現象を引き起こしました。

そんな予約が取れない人気占い師・村野弘味さんが、あなたの2022年の運勢をなんと無料で占ってくれるサイトがあります。

必要な情報は名前と生年月日だけ。

そこから算出される2022年の運勢、人との関わり、訪れる恋愛、そして開運のヒントまで鑑定で具体的に伝えてくれます。

この1年がどんな年になるのか知りたい方は、ぜひこの機会に占ってみてはいかがでしょうか。

村野弘味最新の占いをチェック!

村野弘味の2023年の運勢占いを無料でお試し!

・あなたを表す命式図
・あなたが生まれ持った性質と恋愛傾向
・2023年のあなたの運勢
・2023年の金運&仕事運
・2023年、あなたに訪れる開運の転機
・転機が訪れる運命の日
・あなたの前に現れる重要人物

■あなたについて教えて下さい
・ニックネーム

・生年月日

・性別